定期健診

定期健診について

なぜ予防が必要なのか?

なぜ予防が必要なのか?
  • 歯とお口の健康を守るためには、日頃から丁寧に歯を磨くことはもちろんですが、定期的に健診を受けることが大切です。
  • 治療の必要がない場合でも、歯科医院で歯石や着色汚れなどを落としてもらったり、お口の中の状態をチェックしてもらったりすることで、むし歯や歯周病予防につながります。
  • ご家庭でのケアにあわせて歯科医院で定期的にケアを受けることにより、いつまでも健康的な歯を保つことができます。

当院の予防処置に関して

拡大鏡を用いた歯石除去

拡大鏡を用いた歯石除去

歯科衛生士によるスケーリング(歯石除去)では拡大鏡を用います。拡大鏡を用いることにより、より丁寧で精度の高いスケーリングが可能となります。

~拡大鏡とは~
歯科治療において、裸眼での破損部の発見には限界があります。しかし、拡大鏡を使用すれば、裸眼では見えない箇所も見えるようになり、より精密な治療を行うことが可能になります。

複数の歯科衛生士が在籍

現在10名の歯科衛生士が在籍しています。患者さまのご希望があれば歯科衛生士を指名することも可能です。

ダイアグノデントでむし歯を早期発見

ダイアグノデントでむし歯を早期発見

ダイアグノデントとは、安全なレーザー光を歯に照射し、小さなむし歯や見た目にはわかりにくいしずく状のむし歯(歯の表面は小さく中で大きくなっているむし歯)を発見することができる装置です。ダイアグノデントにより、むし歯の進行度を数値化するので、治療すべきなのか、予防処置で経過観察すべきなのかの的確な判断基準がご提示できます。

定期健診の大切さ

  • 定期健診により、歯とお口の健康を守ることは、お口の中の健康だけでなく、全身の健康、QOL(生活の質)の向上にもつながります。
  • 定期的に健診を受けた人と治療のみを受けた人では、高齢になってから残っている自分の歯の数に違いが出てきます。しっかりとメンテナンスを行うことで、いくつになっても自分の歯で物をかむことができるのです。
  • 生涯にわたって自分の歯を保つためにも、定期的に健診を受け、むし歯・歯周病の予防をしましょう。

スタッフから一言

スタッフから一言

歯は、一度治療したらむし歯にならないわけではありません。また、良い詰め物・被せ物をすればむし歯にならないわけでもありません。何年かに一度取り組めばむし歯にはならない、という考えではなく、定期的なメンテナンスに取り組みむし歯を防ぐ必要があります。「歯医者は歯が痛くなってから行くところ」という考えから、「健康管理のために通う場所」へと発想の転換をしてみませんか? スタッフ一同、地域の方々のご来院を心よりお待ちしております。

ご予約・お問い合わせ

口内のことでお困りでしたら
お気軽にご相談ください。

                        098-974-9993

  • 平日 午前9:30~13:00 午後14:30~19:00
    土曜・日曜・祝日 午前9:30~12:00 午後13:00~16:00
  • 年中無休(木曜午後・GW・年末年始・旧盆除く)